he is watching laptop

内装の傾向

smartphone

モデルへの依頼費用や機材レンタルなども考えれば、極力は貸しスタジオ費を抑えたいところでしょう。予算を気にせずクオリティに注力したい場合なら別ですが、こちらは少数派かと思われます。ですが、いくら安くても最低限のレベルで撮れなければ、せっかくスタジオを借りている意味がありません。貸しスタジオと価格の関係性について、考えていきましょう。傾向としては、価格を抑えて考える場合、貸しスタジオは少し狭く内装が簡素になりやすいです。逆に高級な貸しスタジオになってくると、面積は広々としており、背景やインテリア、ソファ、壁紙までこだわり尽くされています。中には、それこそ高級ホテルやお城をも彷彿とさせる上質空間まであるほど。料金に応じて、このような内装の違いが見られます。安さを追求することも可能ですが、仕上がりに違いは出るのでその点注意しておきましょう。

全国さまざまな箇所で運営されている、貸しスタジオ。数が豊富なだけに、価格帯やランクは違えど、特色もさまざまです。ですが同じ業態であるため、全体に共通して見られるトレンド傾向というものも見受けられます。近年特に目立った印象となっているのは、貸し出し機材の豊富さです。個人で揃えるともなれば、結構大変であろう本格機材をお得に、もしくは無料で借りられるとあって、アマチュアやセミプロカメラマンには嬉しく感じられます。主にはストロボ・ソフトライトボックス・アンブレラ・シンクロコード・レフ板などです。借りられる内容はスタジオごとに異なるため、あらかじめホームページなどでチェックしておくと良いでしょう。普段使えないようなプロ向け機材なども使えれば、それこそ撮影は盛り上がること必至。貸しスタジオ選びのポイントとして、覚えておくと良いでしょう。

ページのトップへ戻る